幼児英語教材 おすすめ

【2020年決定版】幼児英語教材のおすすめランキング!人気の理由を調査してみた

幼児期の英語学習に重要性を感じる人は増えています。

中学校の学習科目として取り入れられてきた英語も、今では小学3年生から必須科目として入っています。

さらに将来を考えると英語は話せた方がいいという傾向になっています。

しかし英語学習の取り組み方が分からないという人が多いのも事実です。

そこで今回、なぜ幼児期の英語学習が必要なのか?そしてどのように教材を選ぶべきかについて調べてみました。

幼児向け英語教材も種類は豊富です。

人気だからという理由で始めても、意味をなさないものもありますので、幼児英語を始める前に選び方についてもしっかりと理解しておきましょう。

幼児英語ってなに?

幼児英語について軽く触れておくと、幼児期の英語学習を指します。

言葉のままですが、幼児期だからと英語を学ぶというよりは楽しむだけでしょうと思うかもしれません。

ですが、幼児期に抵抗なく英語を脳にインプットさせるのが幼児英語です。

そんな幼児英語は非常に大事で、幼児期に生活の中で英語をどれだけ取り入れるかで、英語のスキルは格段と変わります。

幼児英語ってよく分からないという人も、英語のスキルを高めるためには幼児期の英語学習がどれだけ重要になるのか考えておきましょう。

幼児英語は何歳から始めれば良い?

幼児英語は目で見て理解するというよりも、英語を音として学びます。

何歳から始めたらいいのかというのも幼児英語に対する悩みの一つですが、幼児期は常に音で吸収します。

ですので、幼児英語に関しては早ければ早い方がいいです。

と言われても、そんなことはよく耳にしますよね。

でも現実的に考えて、目の前にいる新生児や1歳未満の子に本当に幼児英語は意味があるのか、疑問を抱くと思います。

まだどこまで理解しているかも分からない、親を認識しているかも分からない、そんな時期に英語を聞かせて意味があるのかと考えるのは自然なことです。

ですが考えて欲しいことが、子どもが言葉を発する時って親が今まで発してきた言葉ですよね。

英語が母国の国では、英語を口にする。日本語が母国の国で育った子どもは常に日本語を耳にしています。

だから意味は通ってなくても日本語を口にするのです。

つまり、幼児期って日本語だから喋るというわけではないのです。

とにかく耳にした言葉を脳にインプットしています。

そしてアウトプット(言葉に出す)する時には脳にインプットされたものを口にします。

月齢を重ねるとそれなりに脳に吸収しやすい言葉、吸収しにくい言葉が出てきます。

大人になって今までずっと日本語のみで生活していた人が、英語に少し壁を感じるのは英語を吸収しにくいからです。

でも、幼児期はどんな言葉に対しても壁を作りません。

「おはよう」も「グッドモーニング」も一つの言葉です。

そんななんでも抵抗なく吸収する時期にたくさん英語に触れさせてあげることで、英語脳が鍛えられるのです。

もちろんタイミング的に早い方がいいわけですが、幼児期とはいえ、新生時期、1歳未満となると子育てに必死で学習のフォローがなかなかできません。

教材も取り入れるためにはお金がかかります。

DVDやCDで流してあげるだけの教材だとしても、耳にインプットさせるためには、一緒に反応しないと英語を耳にする習慣は定着しません。

そこでまだ早いかなと感じる場合は、タイミングを少し遅らせてもいいと思います。

ただ、幼児英語に関しては早く取り入れられるのであれば早いほうが断然、英語脳が鍛えられます。

本当に意味があるのかと不安になるかもしれませんが、子どもは英語?日本語?と切り分けていません。

全部ひとつの言葉です。

そんな柔軟にたくさんのことを吸収できる幼児期に多くの英語に触れさせてあげることは、自然と脳に英語がインプットされ、言葉を発する楽しみを感じる時期には英語が自然と口に出ます。

こうした話を聞くと年少だから遅い、年長だからもう手遅れと考えてしまうかもしれません。

でも幼児期と言われる時期は0歳から6歳を指します。

この時期は言語の天才と言われています。

どんな言葉も簡単に吸収しますからね。

普段家で使わない言葉を、保育園や幼稚園で覚えて発することってありますよね。

それは年少でも年中でも年長でも同じです。

つまり、月齢が上がったからと言葉を吸収する力が低下しているわけではありません。

新しい言葉に興味を示す時期です。

ですので、年少さんでも年中さんでも、もちろん年長さんでも吸収力は高いので英語脳を鍛えるために遅いことはありません。

幼児英語はやる意味ある?将来の可能性を広げるメリットについて

幼児期に英語を学ばせる意味についても、しっかりと理解して教材選びを始めましょう。

まず、幼児英語を取り入れる意味についてですが、幼児英語を早い時期から取り入れることで英語脳が幼少期で鍛えられます。

人は身近の言葉を自然と吸収します。

両親や家庭内で日本語が飛び交うから日本語を覚え、脳に吸収し、その言葉を発します。

幼児期に英語しか触れない子はもちろん英語を言葉として吸収して言葉にします。

そこで日本に住みながら、日本語を話す家庭ではなかなか触れ合うことのできない英語をどのようにして子どもの脳に吸収させてあげるかを考える必要があります。

しかし日本語もままならない子どもに日本語と英語どちらも吸収させるのは難しいのではないか?

このような疑問を出てきます。しかし先ほども伝えましたが、幼児期と言われる6歳までの子どもにとっては全てを言葉と認識します。

抵抗なくたくさんの言葉を吸収できる時期だからこそ、頭が硬くなる前に英語にたくさん触れさせてあげて英語脳を鍛えてあげることで、英語力は高まるのです。

また幼児期に身につけた英語力は将来の可能性も広げてくれます。

近年、グローバル社会とも言われています。

面接なので英語のスキルを問われることも増えました。

パソコン一つで仕事ができる時代で、パソコンを利用して世界とつながることで大きな仕事に変えることもできます。

「あの人はどんな仕事してるんだろう?」と正体不明だけど裕福な生活を送っている人は増えました。

大半の人は好きな時間に好きな場所で好きな仕事をしています。

しかしその一部の人間になるためには、それなりのスキルも必要です。

そのスキルと一つして英語は欠かせないと考えておいてもあながち間違いではないでしょう。

英語が話せるか話せないかで将来選択できる仕事は全然違います。

本当は自分で好きな時間に好きな場所で仕事をしたくても、英語が使えないという理由から会社に縛られ、高速時間内を会社で過ごし、満員電車に揺られながら帰宅します。

これは一例ですが、この先もっともっとスキルの高い人だけが好きな仕事で生活をしていくはずです。

お子さんの将来を気にしない親なんていないと思います。

出来るだけ好きなことで仕事をしてほしいと思いますよね。

そして余裕のある生活を楽しんでほしいと考えますよね。

こうしたお子さんの将来を願うのであれば、仕事の選択肢を増やす一つのスキルになる英語を抵抗なく吸収できる幼児期にたくさん触れさせてあげましょう。

幼児英語の失敗しない選び方

では、幼児英語に教材を取り入れる時の失敗しない選び方について見ていきましょう。

対象年齢で選ぶ

幼児英語は教材によって対象年齢が異なります。

0歳から英語に触れさせたいと考えても、希望の教材は2歳から対象にしていることもあります。

そこで2歳まで待って英語学習を始めようと考えるのではなく、0歳から対象にしている教材から取り入れて、2歳を迎えた段階でまた教材を選び直すといいでしょう。

希望の教材を使えるのが一番ですが、その時期を逃す方が勿体無いですからね。

また2歳を迎えても、使ってみて教材が気にいるなんてこともありますし、実際に教材を継続することもあります。

早い時期からの学習は少し教材の種類も狭まりますが、選択できる教材の中からお試しに始めてみましょう。

そして幼児期以降も継続して利用できる教材なのかもチェックしておくといいです。

小学校に入学したからと英語学習をやめるわけでは無いと思います。

その時に使い慣れた教材でステップアップできるかチェックしておくと、学習もスムーズに継続できます。

長く続けられる価格で選ぶ

教材を取り入れる中でコストはやはり大事です。

月齢が上がる中で学習内容も変わり、少しずつ費用が高くなる教材が大半です。

英語学習を長く続ける中で負担にならない金額なのかを確認しておきましょう。

子供が好きなキャラなどで興味を引くもので選ぶ

頭が柔軟な幼児とは言え、時期によっては英語に壁を作る子もいます。

もし、お子さんがこのタイプであれば学習を強くイメージさせると英語に苦手意識を感じさせてしまいます。

幼児期に英語力を高めてあげるためには、英語をどれだけ楽しいと感じさせてあげられるかどうかで変わってきます。

英語を音として脳にインプットさせ、そしてアウトプットすることを楽しいと感じることで幼児期の脳にたくさんの単語を吸収します。

吸収した単語と単語をつなげて、文法に変えていきます。

しかし幼児期に英語に壁を感じてしまうと、脳が拒絶してしまいます。

お子さんが英語に対して少しでも壁を感じそうだと思うのであれば、教材を選ぶ中でお子さんが興味を示しそうなもの、好きなキャラクターが使用されているものを重視してあげましょう。

一度壁を作ると克服が難しいのも英語学習の難しいところです。

出来るだけ壁を作ることなく、楽しみから入ることが大切になってくるので幼児英語を始める時にはあまり教材の内容にこだわりすぎるのも失敗の原因になります。

指導のやり方で選ぶ

幼児向けの英語教材では添削指導があるものは少ないです。

ワークは親が見直すスタイルが多く、こうした学習スタイルに満足できないと感じる方も多いようです。

そこで幼児英語を取り入れる中で、オンライン学習も注目されています。

オンライン学習であれば、講師と一緒に英語を学ぶことができます。

親が分からないことでもプロの講師がその場で解説してくれますし、幼児向けの学習ですので教え方も丁寧です。

幼児英語で着実に英語力を高めたいと考える人は、指導方法から教材を選ぶのもいいでしょう。

タブレット学習にこだわって選ぶ

子どもが興味を示すものといえばタブレットです。

タブレットなら張り切って学習する子が多いのも事実。

親としてはタブレット学習にどこか躊躇しますが、タブレット学習なら音をたくさん耳にすることができるというメリットがあります。

また、その場で解説やヒントが出てきます。

子どもの直感的な操作で学習量を増やすことができるのもタブレット教材のメリットです。

  • タブレット学習は視力低下が気になる
  • 遊びメインになって知識は身につかない
  • コスト面がネックになる
  • その場で回答が出るから知識として身につかない
  • タブレットの破損が気になる

タブレット教材に対して、このようなデメリットを感じると思います。

しかしスマートフォンよりもディスプレイが大きく、保護者のスマートフォンで動画を楽しむより、視力の問題は気にする必要はありません。

もちろん長時間の利用や暗い場所での使用は視力低下の原因になりますが、時間を決めて学習する場所を決めておくと、こうした不安も取り除けます。

また遊びメインになるのではという不安もよく耳にしますが、タブレットを使用しているからとゲームメインの教材ではありません。

学習するためのコンテンツで作られています。

もちろんご褒美としてゲームで楽しめる教材もありますが、英語と関係のないゲームではありませんし、ゲームを楽しみながらも英語を身につけることはできます。

ゲームの時間も制限できるものが大半ですし、学習を先に取り組んでからのゲームです。

タブレットを開いてすぐにゲームなんてこともありません。

どうしてもタブレットという機器を使用するのでワーク教材と比較するとコストは高くなります。

でもタブレット教材の中には買い取り後に退会しても、通信機器としての使用を推奨している教材もあります。

タブレット一台が手に入るわけですので、退会後もタブレットとして機能する教材の入会は損では無いと思います。

その場でヒントや解説が出てくるのがメリットでもありデメリットにもなりうるのがタブレット教材です。

お子さんがスラスラとひとり学習できるとは言え、身についているのか不安になるのは当然。

そこでその日の学習記録を保護者がチェックするようにしておくといいでしょう。

  • 今日はどんな内容に取り組んだのか?
  • どんな間違いが多いのか?
  • どれだけの量を学習したのか?
  • 同じ問題の繰り返しになっていないか?
  • 着実にレベルアップしていっているのか?

タブレット教材の大半は、その日の学習を記録しています。

学習を終えた後に学習内容をチェックして、日常の中でどれだけ理解できているか会話に取り入れていくと本当に理解できているのかも判断できます。

教材選びの中でタブレットを使用したいと考えていても、利用するのは子どもです。

そこでタブレットの水没や破損って気になります。

まずは使い方をしっかり教えて、使用する場所を決めましょう。

それでも万が一ってありますので、タブレットの紛失や水没や破損時にサポート体制がある教材なのかというのもチェックしておくと安心です。

幼児英語の評判ってぶっちゃけどうなの?口コミを調査してみた

幼児英語を取り入れている人の口コミも見ておきましょう。

幼児英語の悪い口コミ

幼児英語を始める中で教材選びに悩みましたが、一番興味も示してくれそうなタブレット教材に決めました。

初めは楽しんでましたが、数ヶ月で飽きたのか帰宅しても「YouTube見たい、YouTube見たい」と。

このままでは意味がないので退会しようかと思いますが、1年未満だとタブレット代が請求されるみたいでタブレット教材にしたことを後悔しています。

(年中、男の子)

ワークメインの教材にしました。

私があまり学習に付き添えないので、本当に身についているのかイマイチ分かりません。

(年長、女の子)

ワークメインの教材とオンライン学習を併用しています。

ワークは毎日の学習用です。そこで身につけた英語でオンライン学習ができたらと思い、教材を増やしました。

なかなかオンライン学習が楽しいみたいで、オンライン学習も始めて良かったと思っていました。

でも週一コースでは物足りないらしく、週二コースに変えたいと言われています。

そうなると費用も高くなるので、正直少しネックになっています。

(年長、女の子)

英語は早い方がいいと言われ、2歳の息子に教材を申込みました。

息子には全然早かったみたいで、教材はおもちゃです。

ぐちゃぐちゃに殴り書きをしたり、破ったりと…

全ての子どもに早い時期からのお勧めできるわけではないと思います。

(2歳、男の子)

幼児英語は教材の選び方、始める月齢によって望んでいた効果が得られないこともあるようです。

英語学習ですので、できるだけ子どもと一緒に取り組むのが理想です。

また早い月齢の場合は、どのように教材から知識を吸収させてあげられるかを考えないといけません。

実際に幼児英語で満足している人の口コミを参考にしましょう。

幼児英語の良い口コミ

年長の娘に英語学習も取り入れようと、一式教材を購入する教材を購入しました。

届いてすぐは教材が多いなと思いましたが、もともと学習に意欲的な娘は自分のペースで進められるのが合っていたようで35日間の学習も1ヶ月足らずで終えました。

教材を一式で購入しているので、毎月の費用は不要ですし、充実した内容の学習が繰り返し行えます。

なによりこの1ヶ月で英語力は目に見えて高まりました。

毎月定期的に届く教材と悩みましたが、娘には次の教材が届くまで学習がストップしていたと考えると教材を一式で購入して良かったです。

(年長、女の子)

2歳の息子に英語学習を始めたくて、おもちゃメインの教材に決めました。

息子がYouTubeで出てくるキャラクターがメインで、教材も楽しんで取り組んでいます。

ワークはあまり理解していなそうですが、DVDやCDで耳にする単語をなんとなく口にしています。

今はできるだけ音を聞いて欲しくて車内でもDVDやCDを活用しています。

今はまだ理解度は分かりませんが、でもDVDやCDは楽しんでくれているので毎日習慣にしていきます。

(2歳、男の子)

ワークメインの教材にあまり興味を示してくれず、悩みましたがタブレット教材に切り替えました。

本人もやりたいと言うだけあって、タブレットに切り替えてからは毎日取り組んでいます。

2週間も経たないうちに単語を口にするようになり、毎日の学習時間も増えました。

やる気の出る教材にすることも大事だなと感じました。

(年中、女の子)

ワークメインで一緒に頑張ろうと思いましたが、2歳の息子にはまだ全然早かったです。

そこで教材を選び直してDVDやおもちゃが付録でついてくる教材に切り替えました。

DVDを見ながら一緒にダンスしたり、歌を歌います。

英会話塾に通っている子も英語の歌やダンスの時間が好きと言っていたのがわかります。

リズムに乗りながら自然と吸収しているかなのか、いつも英語を発する時はリズムに乗りながらの英語です。

それでいいんだと思いますし、ワーク教材から切り替えて良かったです。

(2歳、男の子)

幼児英語を取り入れる中で、お子さんに合った教材を選ぶのはとても大事です。

一度試してみて合わないかなと感じたら、退会に費用がかからない場合は早めに教材を切り替えるのも大事です。

子どもにも好みはありますので、できるだけ興味を示すものを選んであげましょう。

おすすめの幼児英語は?人気ランキング

幼児英語もワークスタイルの教材からオンライン、タブレット学習と学ぶスタイルはさまざまです。

最後に特徴を抑えて、おすすめの幼児英語教材を紹介します。

教材選びの参考にしてください。

七田式の7+BILINGUAL

7+バイリンガル

おすすめポイント

  • 35日間の短期学習で英語脳を鍛える
  • 等倍速、3倍速で英語をインプットできる
  • 音読することでアウトプットして英語を身につける
料金 29,800円
対象年齢 0歳〜6歳
無料体験 無し
教材の量 ・CD15枚
・マニュアル(B5 27ページ)
・テキスト(B5 73ページ)
・イラスト集(B5 36ページ)
・全イラストぬりえ集
・タブレット学習の有無
タブレット学習の有無 無し

七田眞監修の七田式の7+BILINGUALは教材を一式揃えて35日間の集中プログラムで短期で高度な英語力を身につけます。

本格的に英語学習を求める方におすすめの教材になっています。

ハナソキッズ

おすすめポイント

  • オンライン学習でマンツーマンの指導が受けられる
  • 一人一人のレベルに合わせて英語学習ができる
  • 幅広い学習から英語が好きになる
料金 2,800円〜
対象年齢 4歳〜6歳
無料体験 無料体験2回
教材の量 25分/1レッスン
タブレット学習の有無 無し

約450人以上の講師が在籍しているので、お子さんのフィーリングの合う講師に出会えます。

Skypeを利用して、イラストや教材、歌を盛り込んでネイティブな英語が学べるので楽しい英語学習を始められます。

こどもちゃれんじイングリッシュ

おすすめポイント

  • ワーク学習も楽しみながら続けられる
  • 専門家監修のもの作られた教材でネイティブな英語スキルが身につく
  • ひとり学習が定着するから英語力が高まる
料金 3,960円〜
対象年齢 2歳〜6歳
無料体験 無料おためし教材有り
教材の量 ・かたちをくるくるSpin!Spin!Jewels!
・えいごでクイズ!Talking Q-rios
・トーキングキュリオスカード2枚(4種の遊び)
【知育BOOK】Shapes
・DVD(約40分)
・Parents' Support(おうちのかた向け冊子)
・えいご できたよポスター / できたよスティッカー
・ほっぷ(3歳コースの内容)
タブレット学習の有無 無し

しまじろうがお子さんの英語力を引き出し、生活の中でたくさんの英語に触れさせてくれます。絵本やおもちゃ、DVDを取り入れることで豊富な知識を身につけ、英語を好きになるプログラムで子ども心を掴んでくれます。

リップルキッズパーク

おすすめポイント

  • ネイティブな日常会話が身につく
  • マンツーマンだから集中してスキルを高められる
  • レベルの高いレッスンが受けられる
料金 2,838円〜
対象年齢 4歳〜6歳
無料体験 無料体験2回
教材の量 25分/1レッスン
タブレット学習の有無 無し

ZOOMを利用し、厳しい研修をクリアした講師との生の会話で英語力を高めていきます。英語脳を鍛え、英語力を高めるためにパペットを使ったりゲームをしたり子どもが楽しみながら英語を学べます。

rakuten ABCmouse

おすすめポイント

  • アクティビティを通して楽しく取り組める
  • スピーキングとリーディングの基礎を磨くためのコンテンツが充実
  • アプリを活用するからひとり学習ができる
料金 1,780円〜
対象年齢 3歳〜6歳
無料体験 初月無料でお試しできる
教材の量 がくしゅう・クラスルーム・ちず・きそ・たのしいアクティビティなどのアクティビティで英語を学ぶ
タブレット学習の有無 アプリを利用するため端末が必要

アプリ内で5000以上のアニメーションやデジタルえほん、ゲームが利用でき、ひとり学習が習慣になります。豊富なコンテンツで聴いて書く、声にする、バランスよく英語脳を鍛えてくれます。

幼児期の語学の才能を引き出すことで英語脳は鍛えられる

年齢を重ねるごとに得意・不得意を自分なりに理解します。

不得意と感じてしまうと、学習はスムーズに進めることができません。

小学校入学時には英語と日本語を区別しています。

異国語と感じるだけで子どもは学びの中に壁を作ってしまい、学習の限界を決めてしまいます。

将来必ず役に立つ英語、将来の可能性を広げてくれるのが英語です。

そんな英語の学習に壁を作ってしまうのは勿体無いことですし、視野を狭めてしまいます。

英語かできるだけで可能性は無限大に広がる!だからこそ幼児期に今、たくさん英語に触れさせてあげましょう。

参考サイト:幼児英語教材 おすすめ

Copyright© 日本小児診療多職種研究会 , 2020 All Rights Reserved.